南房プチ農パラダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍外交に転機 ロシア 北方領土内で軍事演習

<<   作成日時 : 2014/08/14 21:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ウクライナ問題でプーチン大統領の来日はすでに難しい状況となっているのに、北方領土内での軍事演習をもってそれが確定したかのような新聞報道??ちょっと甘いよなぁ〜。


一部引用↓(朝日新聞から)
 ロシア軍は12日、北方領土と千島列島で、千人以上が参加する軍事演習を開始した。
 今回の軍事演習は北方領土の国後、択捉両島を含めた地域で行われている。日本政府はロシア政府に直ちに抗議した。
 日ロ関係に与える影響は極めて大きく、日本政府内からは「今秋のプーチン大統領の訪日は不可能だ」との声が上がるなど、訪日は絶望的になった。日本外務省によると、北方領土でロシアが軍事演習をするのは2010年7月以来2度目という。(中略)
ロシアのジャスキー駐日臨時大使に対し、
「北方領土における軍事演習は、我が国の法的立場から到底受け入れない」と厳重抗議。ロシア側からは、
「ロシア領内での演習なので問題はない」という趣旨の説明があった。


 安倍外交に過度な期待は禁物で、過去からの懸案についてはなかなか解決されないものです。

前提として・・列強の思惑をまとめると
アメリカ  日本をアジア大陸から引き離そうとしている。
ロシア   同上 但し、アメリカや中国との緩衝地帯であってほしい
中国    日本を世界から孤立させようとしている
朝鮮半島  日本が朝鮮半島より強い国であってはならないと考えている。

ということを頭に入れておいてください。

 日露関係を冷静に考えれば、相性という面では悪くは無いです。
理由として
@ ロシアは宗教があり、中韓よりははるかに契約を守る
A ロシアは、資源があるが、それを加工し付加価値を高めることには無関心
B なぜか親日である。
C 領土問題については実効支配を優先的に考える。つまり竹島は韓国、尖閣は日本、北方領土はロシア

 今回の軍事演習について正確な情報がないのでなんとも言えませんが、ロシアの流儀ならば、日ソ共同宣言に基づき、宣言とおりに平和条約を締結後に歯舞・色丹の二島だけなら妥協の余地があり、橋本政権時代に歯舞・色丹はエリツィンが返還を仄めかしているので、そこは落とし所として演習区域から外してある?ようです。まあ・・沖縄トラフや対馬の領有権まで主張する韓国に比べれば数倍マトモだと思います。今思えば、当時の小泉純一郎総理大臣をはじめ、田中真紀子外務大臣が「2島返還」を「四島一括じゃなければダメ」って鈴木宗雄一派を徹底的に潰したんですね。

 結果、その後の日露関係まで冷え込んでしまい、日露が補完関係にあるにもかかわらずあまりにも勿体ないことをしたと思います。大きな実利を捨ててしまった。あの当時は野党も新聞もクソで、田中真紀子さんも外務大臣更迭後は、小泉外交を「アメリカ一辺倒」との非難に同調する始末でした。中韓が小泉景気に恐怖し、靖国神社参拝を巡り日本を挑発するというあの状況で、敢えてロシアを放り出し、「アメリカ一辺倒」とこき下ろすような連中こそ、国益が見えてない亡国の徒だったと思います。朝日や中日=東京新聞の偏向ぶりは酷かったですね。そしてそれは今も同じ。因みに先の大戦において戦争突入の片棒を担いだのもこれらの新聞でした。皮肉なものです。



 あのとき、日露の領土問題に進展があれば、中韓との関係がこんなにもギクシャクすることはなかったでしょう。日本が米露と良好な関係にあれば、現時点においても継続している・・中国が先の大戦で勝ち得た唯一の方策「世界から日本を孤立させる」という構想も、はるかに後退していたのです。まあ、当時のことを云々しても仕方ないので今後のことを考えねばなりません。そもそも、これだけ人の移動が自由になった世界で領土だの国境線だの、実に、非生産的な話だと思います。

 存在感を増すと言われる安倍外交ですが、やはり隣国との関係をこのままにしておいては拙いでしょう。拉致問題を巡る北朝鮮との雪解けムードがありますが、おそらくはこれも北朝鮮が裏切って崩れると予想されます。下手すればさらなる賠償等の口実になるだけでしょう。日本は、周辺国を全て敵にしてしまう可能性があるのです。ロシアの軍事演習にはそのくらいの危うさがあるのですが、平和ボケですね。中露、朝鮮半島から同時に攻撃されたらどうなるのか??そんな危ない状況を誘発しかねないような外交を日本が行えば、米国は同盟国としてDISAPOINTです。

 幸い、中国の膨張主義の危険性について多くの隣国が気づき始めました。ロシアは軍事技術とシベリアや沿海州が狙われていることに危機感を持ち、また、朝鮮半島(北朝鮮)が援助に値しない連中ということを認識しています。中韓が必要以上に日本に対する憎しみを煽り、挑発をしていることも、米国に知られてきました。ウクライナ問題がある中で、日本がロシアに対する一手が重要となります。日米同盟を裏切らない範囲でロシアとつながりを保持する方法ですね。
 まあ・・私が中韓ならば、日本を追い詰めるため北方四島の財産権取得を図りロシアと交渉して軍事施設の利用を共同化し、挟み撃ちをするかに見せつけて日本を圧迫します。ロシアはそこに加担することで日本からの投資を引き出します。
 我が国は先手を打つ必要がありますね。領土問題はウクライナ問題がある限りプーチン大統領としては妥協できません。ならば次善の策を考えるべきです。

 当面は島の返還を求めるより、北方4島居住者の日本国籍取得を認め、日本資本の4島における財産権の取得をオープンにすれば、おそらく4島からロシア人はほとんど居なくなるでしょう。樺太まで含めた地域で、日本国籍とロシア国籍のどちらを選ぶのか、あるいは、どちらに帰属したいかという投票を行えば結果は明らかです(笑)。
 あんな気候の厳しい島でロシア本国からの些細な援助に頼って漁業で生活するよりは、東京で頑張ったほうが遥かに良い暮らしができます。安全、快適な日本は恐るべき文化の国です。極東ロシア人を取り込むことなど朝飯前。男はしょうもない酔っ払いが多いですが、少なくとも若いロシア人女性はほぼ美人ですし、草食日本人男性は浮気をしない?との都市伝説から不細工でもモテマスよ。チャイコフスキーやラフマニノフがこんなに愛されている国も日本だけ。日露は潜在的には友人になりうるのであります。

 安倍外交はウクライナ問題で転機と迎えました。オバマも西側もウクライナでヤバい奴らが政権取ったのにそれを支援しちゃいましたからロシアからしてみれば、ロシア系住民の安全はどうなるのだという話ですね。もしこのあたりのツボを安倍首相が抑えていれば、まだまだ大丈夫。ロシアの潜在的な敵国は日本ではありません。
皮肉にも このあたりは我が国の平和憲法のおかげですね。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍外交に転機 ロシア 北方領土内で軍事演習 南房プチ農パラダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる